メールでのお問い合わせ

03-3259-3854


【診療時間】月~土 10:00~19:00 (昼休みも休まず診療しています。) 【休診】日曜・祝日

歯医者が教えるはちみつを使った口内炎の治し方とは?

      2018/01/17

口内炎の時に効くはちみつ療法とは?

千代田区、神保町の歯医者のホワイトエッセンス御茶ノ水デンタルクリニックの
口内炎を治す歯医者の院長の太田和秀です。

今日は口内炎の時に効く、
ハチミツを使った口内炎の治し方とは?
これについて解説したいと思います。

口内炎は小さいものでも、
お口全体の痛みのように感じます。

とは言う物の、

歯医者に行くまでもないと考える方が多いのではないでしょうか。

そこで、自宅で超簡単にできる、

ハチミツを使った口内炎の治し方をお伝えしたいと思います。

蜂蜜はもともとお薬の錠剤のコーティングをするのに使われるものなのです。

粘膜や皮膚の保護成分として、
お薬としても処方されています。
商品名は「ハチミツ」です。

今回はおうちにある蜂蜜を使って口内炎の治し方をお伝えします。

はちみつには様々な効能効果ございます。

疲れた体を癒してくれる、
疲労回復の効果もございます。

抗酸化作用があり活性酸素を
除去してくれる効果が期待できます。

ビタミンB 6を多く含んでいます。

口内炎の時に効くビタミンとしても
効果的です。

口内炎ができている場所が、
指が届く範囲であれば
自分で塗ることが可能です。

あるいは、

誰かに塗ってもらえるのであれば
やってみても良いと思います。

まず手をよく洗って、

清潔な状態にして、

口内炎の所もきれいな状態にしていただいて、

鏡をよーく見ながら、

口内炎の場所をよく確認して、
指先に少量
蜂蜜をのせて、患部に塗ります。

そのまま放置です。

いちにち2回から3回、食事の前後に塗ると効果的です。

蜂蜜には蜜ロウが含まれていて、
粘膜や皮膚の保護する成分があります。

唇に塗るグロスにも含まれています。つやつや感があります。

口内炎ができ始めたときは、
とても痛くて食事をしていても
おいしくないですよね。

そんな時にはこのハチミツを使った
治療法を試してみるのも
よろしいのではないでしょうか。

いずれにしても2日-7日蜂蜜を塗って様子を見て、
それでもなお痛みが続くようであれば、
歯医者で診てもらったほうがよろしいかと思います。

口内炎の中には、

まれに、

ガン

のようなものもございますので、
自己判断はとても危険です。

何日か様子を見て、
治らないようであれば、
歯医者でしっかり診てもらって
治療するのをオススメします。

口内炎は見えないですし、
痛みが強いので、

ガン

じゃないかと心配される方が
とても多いです。

そんな時は一度診てもらえれば
安心すると思います。
怖がらずに見てもらいましょう。
歯医者での治療は痛みがないですし、安全に治療することができます。

何かご不安、
ご質問お問い合わせは、
下記までご連絡をお待ちしています。

ホワイトエッセンス御茶ノ水では無料カウンセリングを受け付けております。
ご希望の日時を下記よりお知らせ下さい。

http://ochanomizu-dc.com/wp/contact

皆様の笑顔の為に全力を尽くします。

http://www.ochanomizu-dc.com/

太田和秀
〒101-8011
千代田区神田駿河台3-11-1-B1
03-3259-3854
ホワイトエッセンス御茶ノ水デンタルクリニック

 


御茶ノ水デンタルクリニック:http://www.ochanomizu-dc.com/

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目11 三井住友海上駿河台新館ビル地下1階
千代田線新御茶ノ水、都営新宿線小川町、丸の内線淡路町の各駅B3出口より徒歩5分

診療時間:10:00~19:00(平日、土曜)
休診:日曜、祝日


TOP