御茶ノ水で歯医者をお探しなら、抜かない治療で評判の

御茶ノ水デンタルクリニック

メールでのお問い合わせ

03-3259-3854


【診療時間】10:00~13:00/14:00~19:00  【休診】不定休

インプラント

    インプラント

    インプラント治療とは、歯の抜けた部分に人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、固定しその上に人工の歯をかぶせ、歯の噛む力、審美性を回復する最新の歯科治療法です。

    歯を失うと、見えている部分だけでなく見えない歯根までを失うということです。

    人工の歯根となるインプラントはアレルギーの少ないチタン製で作られてます。チタンは骨と結合する特性があるので金属アレルギーの方でも使用できます。 自分の歯と同じ感覚で噛め、見た目も美しい歯を手に入れられます。


     

    安全で正確な治療のために

    院長

    「インプラントをしたら手術後に麻痺が出たというニュースを聞いた。」
    「将来寝たきりになった時にインプラントをしていると邪魔になると聞いた。」

    現在は、インターネットでもインプラントに関する情報がたくさん流れていますので、インプラントに関するネガティブな情報を見て心配になっている方も多いかと思います。

    確かにインプラント治療は万能ではありませんし、症状によってはインプラント治療が適さないケースもあります。

    しかしながら、対応症例しっかりとを見極め万全の対策をもって行えば、成功率も高く機能性にも優れたとても良い治療法であることに違いはありません。。

    当院では、確実で安全なインプラント治療を行うために、さまざまな取り組みを行っております。


     

    事前の診査診断

    CTによる精密検査

    CT

    インプラント治療を行う前に、CTによる診査診断をいたします。

    インプラントを埋め込む骨の硬さや位置などを正確に把握し、安全に手術ができるよう綿密に計画を立てていきます。


     

    噛み合わせの測定と分析

    噛み合わせの測定

    患者さまの現在の噛み合わせの状態を、咬合器と呼ばれる専用の機器を使って測定分析します。

    噛み合わせが悪い状態でインプラントを入れてしまうと、すぐに外れたり割れたりしてしまう他、噛み合わせのバランスが崩れることで肩こりや頭痛などの全身的な不調を誘発してしまう場合もあります。

    現在の噛み合わせ、本来あるべき理想のかみ合わせなどを測定しながら、インプラントを入れる適切な位置を分析していきます。


     

    精巧なガイドシステム

    CTスキャンで撮影した画像から起こした3D画像をもとにインプラントの埋入場所や角度などを正確にシミュレーションし、ガイドシステムを制作します。

    インプラントの手術時には、この全て計算されたガイドシステムを歯茎にあてた状態で治療しますので、余計な切開が必要なく感染症のリスクも抑えられるだけではなく、神経や血管の損傷も抑えることで術後の回復も早めることができます。


     

    徹底した感染対策

    感染対策

    インプラント治療を成功させるためには、「細菌の感染を防ぐ」ことがとても重要になります。

    手術の時に患部に細菌が入り込んでしまうと、せっかく埋め込んだインプラントが骨とうまく結合しなかったり傷口が膿んでしまい、手術失敗の大きな原因となってしまうからです。

    当院では、インプラント手術に限らずですが、治療に使用する器具は全て患者さま毎に滅菌・交換しております。

    また、診療室は個室設計となっており、各診療室ごとに空調システムを設置しておりますので、清潔な環境で治療を受けて頂くことが可能です。


     

    治療後は必ずメンテナンスを続けましょう

    メンテナンス

    「インプラントは虫歯や歯周病にはならないから、ちょっと手入れをさぼっても大丈夫」

    そんな風に考えている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

    確かに、インプラント自体は人工物ですので、虫歯になったり歯周病になったりすることはありません。しかし、手入れを行ってしまうと「インプラント歯周炎」という歯周病に似た病気を発症してしまうこともあるのです。


     

    実は怖い、インプラント歯周炎

    インプラント歯周炎

    インプラントを埋めている骨やその周辺の歯茎は、メンテナンスを怠ると、歯周病と同じように炎症を起こしてしまいます。

    そして、このインプラント歯周炎は一度感染してしまうと歯周病以上に治りにくいという病気であるという特徴もあります。

    天然の歯の場合、骨との間に歯根膜と呼ばれる組織があるため、その膜から栄養の供給がなされていますが、インプラントと骨の間には歯根膜がないため炎症に対する抵抗性が極めて低く、症状が回復しにくことがその原因です。

    インプラント歯周炎は、歯周病のように歯茎が腫れたり、痛みが生じたりするといった自覚症状がないため、発見が遅れやすく、また症状が進みやすいといった特徴もある怖い病気です。

    そのため、インプラント治療を行った後はインプラント歯周炎にならないよう、定期的にメンテナンスを行っていくことがとても重要なのです。


    光殺菌を使用した徹底したメンテナンス

    光殺菌

    当院では、インプラント治療後のメンテナンスとして、光殺菌によるメンテナンスをおススメしております。

    光殺菌は、本来根管治療や歯周病治療において細菌を完全に死滅させるために使われる機器ですが、副作用もなく、繰り返し使っても抗体を作らないという非常に体に優しい治療法のため、歯の予防処置やメインテナンスなどでも使用でき、高い効果を発揮しています。

    光殺菌による予防処置は保険治療の適用外となりますが、当院では1本あたり1,000円と非常に安価に設定しておりますので、お気軽にご利用いただけるかと思います。

    通常の予防処置としてインプラント治療後の歯以外も使用できますので、ご興味のある方はお気軽にご相談下さい。


     


TOP